自宅で簡単に出来るバストアップ豊胸法『B-UPガールズ






石塚あゆみが教えるバストアップ法『B-UPガールズ』


自宅で簡単に出来るバストアップ豊胸法『b-upガールズ』
現役エステティシャン「石塚あゆみ」が教えるバストアップ法
突然ですが、最近全く根拠のない内容の薄いバストアップ法を
販売している業者が多数見られます。
現在、様々なバストアップ法の商品が販売され、
一見すると著者の顔写真や経歴などが掲載されているので信じてしまいがちですが
ここには大きな落とし穴があります。
まずは経歴を確認してください。
元エステティシャンなどは退職する際に守秘義務契約を結んでいるので、
そのエステでのノウハウなど公表できるわけも無く、
挙句の果てには、薬の知識しかない人間がバストアップを本屋で買える程度のノウハウを
高額な値段で販売していたりもします。
更に悪質になると商品を実践して効果が無いと伝えると店舗に足を運ばせ、
高額な施術費の契約を迫ることもあります。
次に商品の提供方法を確認してください。
今回の私の商品は書籍とdvdのセットになっていますが、
現在、他で販・・・詳細はこちら



自宅で簡単に出来るバストアップ豊胸法『B-UPガールズ』


フケ症の対策 洗髪 1

フケ症対策の中心となるのは、やはり洗髪という事になります。

頭を洗うという行為が時としてリスクとなる事もあるのですが、しっかりした洗い方をする事で、フケ症の改善となる事もあります。

フケ症の原因となる菌を上手く洗い取り、皮脂をしっかり取り除く事で、徐々に頭を清潔にしていき、フケ症の症状を軽減させていく事が可能となるでしょう。

まずは、泡立てからです。

ぬるま湯で頭をある程度馴染ませた後、シャンプーを少量手に取り、お湯を加えて泡立てます。

ここで重要なのは、シャンプーを大量に使用して大量に泡だてるという事はしないという事です。

シャンプーを多用する事はお勧めできません。

基本的に、歯磨き粉も石鹸も食器洗い用洗剤もそうですが、こういった洗剤というのは少量で十分汚れを落とせるように作られています。

大量に使用するのは、コスト面からも人体的にもあまり良い影響を与えません。

沢山使うとしっかり洗えるイメージがあるので、フケ症の方はどうしても心理的にシャンプーを過剰に使用しがちですが、その必要は全くありません。

ただし、しっかり泡立てる事が大事です。

泡立てたシャンプーを頭にしっかり馴染ませ、マッサージの要領で、頭皮を指の腹で洗っていきましょう。

しっかりフケを取るようにと爪を立てるのは明らかに逆効果なので、注意が必要です。

ここで一つポイントとなるのは、皮脂の多い箇所です。

皮脂は、特に前頭部や頭頂部に多く分泌されます。

よって、この部分を特に念入りに洗う必要があるでしょう。

当然、強く洗うということではありません。

ゆっくり時間をかけて、頭皮をいたわりつつ皮脂を取り除いていきましょう。

フケ症の対策 頭皮のケア 1

フケ症を治すには、頭皮のケアが必須です。

フケ症は結局のところ、頭皮の異常と言えるシロモノ。

頭皮が正常になれば、自然とフケ症も収まるという事になります。

その為には、ケアに有効な洗剤をつかったり、洗い方を工夫したりなど、頭皮のケアを行う必要があるでしょう。

フケ症は乾燥タイプと脂漏タイプに分かれます。

これはそのまま、頭皮の状態を表します。

頭皮が乾燥肌と同じならば乾燥タイプ、脂性肌ならば脂漏タイプといったところです。

ならば、乾燥肌に効く、あるいは脂性に効く成分を含んだクリームやオイルを利用すれば良いのでは?という考えに行き着きますよね。

実はこれ、有効なのです。

頭皮ケアの事をスカルプケアと言いますが、このスカルプケア専用のオイルなどが開発・販売されています。

その中には、脂性肌対策用のオイルもあります。

つまり、フケ症対策のオイルといっても過言ではありません。

脂性肌はフケ症の元といわれており、その対策はそのままフケ症を抑えることになるのですが、その対策の中にあって直接頭皮のケアを行う事は、もっとも具体的なフケ症対策と言えるでしょう。

基本的には、オイルを使ったマッサージになります。

頭皮を程よく刺激し、血行をよくして、頭部のストレスを和らげます。

これによって、フケ症の要因となる皮脂の過剰分泌を抑える効果が期待できるのです。

頭のマッサージというのは、日常ではあまり行わないかもしれませんが、結構メジャーなマッサージの一つなのです。

美容整形で美しい瞳に

美しい瞳は、老若男女を問わず、見る人の誰をも魅了する、いちばんのチャームポイントです。そのため、自分の目にコンプレックスを抱いている人も多いのでは?

一重まぶた、奥二重、腫れぼったい一重、または左右ちぐはぐ、などなど。

もし自分のイメージ通りの瞳を手に入れられたら・・・そんな夢を実現してくれるかもしれないのが、美容整形。

実際、美容整形で「どこを変えたい?」と聞かれて、いちばん相談が多いのが目に関することだそうです。「私の目を何とかして!」という、女性たちの声が聞こえてきそうです。

でも、実際、「手術」と言われると、どうしても不安がありますよね。
「本当に希望通りになるのかしら?」
「もし失敗したら?」
「どんな方法があるのかしら?」
特に目は微妙な器官ですから、視力に影響が出ないかも心配です。

目に関する美容整形には、大きく3つの方法があります。

1.埋没法
2.部分切開法
3.切開法

埋没法は、メスを一切使わず、髪の毛よりも細い糸でまぶたの内側から2、3箇所縫うだけなので、10分ほどで完了です。身体への負担も少なく、週末や休日にちょっと「プチ整形」したい人にお勧めでしょう。

部分切開法、切開法は、瞼の上のラインを少し切って、脂肪を取り除きます。部分切開法は手術時間が20〜30分、抜糸に2日ほど掛かります。切開法は30〜40分、5日ほどで抜糸できます。

美容整形手術による視力への心配はなく、逆さまつげで眼球を傷つけなくなるため良く見えるようになる、ということもあるそうですが、やはり手術ですから、十分な事前のカウンセリングとアフターケアーが充実している安心できる機関で、信頼できる医師に手術をお願いしたいものです。

海外の美容整形事情

「私は美容整形手術を受けました!」とカミングアウトをする人は、
日本においては、(一部の芸能人は除き)まだまだ少ない・・・めったにいない?・・・でしょう。

しかし欧米、特に北米では、老若男女を問わず整形手術を受ける人が急増しています。美と健康、若さに対する執着、価値観が非常に高く、またそれにお金を惜しまない、という経済的背景も関係しているのでしょう。

特に歯列矯正は非常に普及しています。歯列矯正を受けないことを批判される場合さえあります。

欧米では、唇の間から覗く八重歯はドラキュラの牙を連想させ、醜い、縁起が悪い、と毛嫌いされるのです。

そのため幼いうちに矯正されることが多いです。

一方、日本では八重歯はチャームポイントとさえ言われます。このように、審美感の文化的違いが影響している面もあります。

欧米の場合、美容外科の林立が価格競争を生み、かなりの低価格で手術が可能となるなど、好意的な方向が見られます。

同じアジアの韓国では、主に芸能界で施術の告白が好意的に受け止められつつあることから、一般でも美容整形が急速に広まりつつあります。

たとえば、わが子の入学祝に親が子に美容整形手術を贈るということもあるらしい。とはいえ、これはあくまで一部の富裕層の話ですが・・・。

ただ、韓国の美容整形手術は、ブームが先走り、無免許の医師による手術のため顔が崩壊してしまった、という笑えない話もある・・・「扇風機おばさん」が社会問題となったこともあります。

日本でもそうですが、韓国においても、「美人の定義」が流動的です。

美容整形=欧米美人 という傾向には疑問視する声もあります。本来のアジア系美人を見直す動きを・・・期待する人もいるのではないでしょうか?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。